So-net無料ブログ作成
検索選択
現場レポート ブログトップ
前の10件 | -

複雑に交差する配線 [現場レポート]

IMG_1299.JPG
2日振りの晴れ[晴れ]?、本来は木曜日に予定していた作業です。

木製の門扉が朽ち果ててしまった為、新規のアルミ製門扉を取り付けします。
IMG_1300.JPG
門扉の柱を立てる為の穴を掘って行くと、左側は塩ビ管、右側はご覧の通り鉄管が現れました。
エクステリア系の取り付け作業を数十年やってますが、両方の柱に配線と配管がブチ当たったのは初めてです。
IMG_1301.JPG
右側の鉄管はボロボロで、水道でもガス管でも無さそうだったのでサンダーで切断。
よくよく見たら中に線が入っているではありませんか?
これが現役バリバリの電話線であった為、工事ストップ。
電話線復旧活動に大忙しの請負主
スネ雄の個人的見解は、前回ブッた斬った小学校の桜の木の根っ子の祟りではないのかと、、、[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
IMG_1302.JPG
と、まぁ、冗談はさて置き、電話線を地中から地上配線に切り替えてもらう事になり、取り付け作業がリスタート。
IMG_1303.JPG
何とか取り付け作業が終了する事が出来ました。

置き忘れたモノを再び取りに戻りました [現場レポート]

IMG_1245.JPG
あれから3ヶ月


お隣のブロック工事が完了して、再び牛久のA邸に戻って来ました。
IMG_1246.JPGIMG_1247.JPG
初日は激しい雷雨とイメージの共有で作業が中断に追いやられてしまう事態に。
IMG_1249.JPG
モヤモヤしていたのも午前中までで、天気が回復した午後からはしっかり準備が整い、本日玄関アプローチのコンクリート打ち込みが完了しました。
IMG_1250.JPG
お客さん支給のファンクションポールもバッチっと決まり、気になっていた現場がまた1つ完成しました。
IMG_1251.JPGIMG_1253.JPG

どうしても足場が必要だった軒先の仕事 [現場レポート]

IMG_1224.JPG
足場を組んで作業するのを避け続けて9ヶ月。

漸く踏ん切りが付いて午前中に足場を組み、午後から剥がれ落ちた軒先天井の張り替え作業に入る事が出来ました。
IMG_1227.JPG
普段は危険な場所であろうとも、二連梯子や脚立を使ってコストを掛けず、最短の方法でやり切っている作業。
IMG_1231.JPG
今回はどう考えても無理だったので、自ら足場パイプを運び組んで、ボロボロの板を剥がし、下地の補強も抜かりなく行い、手間暇掛けて作業しました。
IMG_1234.JPG
折角足場を組んだので、普段は出来ない色々なメンテナンスが可能ですが、頼まれていない事をしても迷惑な事ってありますからね。

見えないフリして速攻で足場を片付けてしまいました。

境界線 [現場レポート]

IMG_1221.JPG
カーポートの補助柱が埋め込んであるお隣さんとの境界ブロックの上にフェンスを回す工事。
IMG_1222.JPG
左側は少し前に建物を解体して現在更地

低いブロック塀だと楽に跨いで敷地内に進入出来るからと言う理由でフェンスを設置しました。
IMG_1223.JPG
補助柱が内側に食い込んだ分車庫は狭くなりましたが、フェンスを設置した事で安心感を得られるなら取り付けた甲斐はありますね。

矢切り周りの仕上げへ [現場レポート]

IMG_1160.JPG
昨日は朝から夕方までずっと雨。

中1日空いて破風板のペンキ仕上げ塗りです。
IMG_1161.JPG
今日も屋上は真夏日、日の当たる東面と、まだ日が刺さない西面では体感温度が全然違いますね。
IMG_1163.JPGIMG_1164.JPG
破風板のペンキと軒先天井の補修が完了して、明日は本題の矢切り漆喰壁の塗り替え作業に入ります。

矢切りの傷み易い部分の補修 [現場レポート]

IMG_1155.JPG
矢切りの漆喰壁と破風と呼ばれる木部の塗り替え作業です。
IMG_1154.JPG
連休明けで皆さんダルそうですね。

スネ雄は連休に体調不良で1日引きこもってからは農作業のお手伝いなど働いていたので体調は万全、現在は絶好調で身体はキレまくってます。
IMG_1157.JPG
漆喰を剥がし、破風を掃除して梯子で屋根を上り下りを繰り返し、下塗りが終わりました。

連休後半、しかも土曜日 [現場レポート]

IMG_1135.JPG
3連休の最終日を個人的な体調不良で潰してしまって周囲には申し訳ない気分です。

崩れた体調が元に戻りつつある連休後半の土曜日。

店舗を解体した後の整地作業に呼ばれています。
IMG_1136.JPG
建物一棟分の面積だと重機だけでは平らには行かない様子。

壊した後の面倒な雑用仕事をさせる為に呼び出された感があり、ついネガティヴな発言が口から飛び出します。

街のメンイ通りに面した現場前は、Uターンのイライラした車で渋滞中です。

あれから20年以上 [現場レポート]

IMG_1035.JPG
庭の一部を切り崩して駐車場にします。

我々の役目はコンクリートを流す前にカーポートを組み立てる事です。
IMG_1036.JPG
どうにか連休が始まる前にカーポートは完成しそうです。

実は、ふた昔ほど前、多分ギリギリスネ雄ガラスの10代で、左官屋修行中の頃。

新築の時に、外壁と外構の左官工事に来た家です。
IMG_1038.JPG
当時、赤ちゃんだった跡取りが、成人して自動車を購入するそうです。

時が経つは早いです。

自分達の本来の活動 [現場レポート]

IMG_1016.JPG
応用が利かせられない公共施設での取り付け作業や、拘束時間の長い従業員作業が終わり、漸くいつも通りフレキシブルに動けます。
IMG_1031.JPG
外壁の一部が浮き上がっているのを発見して、順番が逆転してしまいましたが、外部で1番傷みが激しいと思われる木部の塗装をします。
IMG_1032.JPG
北側の店舗の壁のモルタル仕上げや窓周りの木部の掃除と下塗りは隙間時間に済ませておきました。
IMG_1033.JPGIMG_1034.JPG
南風は強いけど日中の雨の心配が無く、水性&油性の塗料を使って一気に両方の仕上げ塗りが完了です。

焼却炉修繕 第二弾 [現場レポート]

IMG_1027.JPG
焼却炉の煙突交換作業第二弾はレッカークレーンを使った大掛かりな作業となりました。

人間1人が動き回ってどうこう出来る規模の作業ではないので、道路工事中スコップ持ってボーッと立っている作業員の様な、ただ、ただ、自分の出番が来るのを待っているそんな1日でした。
IMG_1028.JPG
大型クレーンがあれば分解作業も最小限、総重量2tくらいなら一回で吊るせる為、高所の作業を減らす事が出来て安全です。

すり鉢状の煙突交換も下で出来るしスムーズ、ジョイント部分のネジ穴も計算通り??ビシバシ決まって作業は無事終了。
IMG_1030.JPG
本日で御役御免となりそうです。

前の10件 | - 現場レポート ブログトップ