So-net無料ブログ作成
検索選択
現場レポート ブログトップ
前の10件 | -

大詰めを迎え手痛い [現場レポート]

IMG_1828.JPGIMG_1829.JPG
大雨とは無縁だった利根町周辺地域

今朝方の雨で気温もググッと下り『ひと息』着く事が出来ました。



ユニット搬入前の最終工程

コンクリート打ち込みを雨雲が過ぎ去った水曜日の午後に完了させ、これでひと安心。
IMG_1830.JPG
組み立てまで残り1日

さぁ、畳2枚程の広さの脱衣所をリメイクする工程に突入します。
IMG_1832.JPG
ところが、この日も「やっぱり」と言うか「予定通り」と言うのか、

請負主の配管作業の為に『停滞』を強いられます。
IMG_1833.JPG
この貴重な時間を停滞によってリズムに乗り損ね

あと2時間、残りベニア板2枚分まで迫りながら、無念の工事ストップとなりました。

ユニット入れ替えに伴う解体 [現場レポート]

IMG_1816.JPG
在来の置き風呂様式の浴室を解体して
ユニットバスと入れ替える為の工事です。
IMG_1817.JPG
『幅』は問題なく入るサイズでそのまま

脱衣室の床からの『高さと深さ』は、いつも通り確保する必要があります。


解体に関しては、いつもよりも少ない仕事量で組み立てに入れます。

ところが、今回問題と思われるのは
IMG_1820.JPG
『仮の浴室』を作ると『脱衣所』リフォームする事。

「請負主さん、ハードル上げ過ぎじゃない??」

そう思わずにはいられない段取りの中、仮の浴室をどうにか拵えて、脱衣所のリフォームに取り掛かります。
IMG_1823.JPG
浴室の組み立ては金曜日

現在『請負主の作業待ち』ですが、やれる事を少しづつ進めて行きます。

お勧めしないモルタルの二重塗り [現場レポート]

IMG_1798.JPG
基礎ブロックで間仕切られた室内になった部分。

ここの土間をモルタルで上塗りを掛けます。

既存の土間を砕いて、整地して、コンクリートをガガガガッと流し込んだ方が『早く』て『キレイ』で『工事代金は高い』んですが。
IMG_1799.JPG
土間の重ね塗りをしても良い3つの条件が揃っていたので、今回はチャレンジします。

塗り厚が少なく、高低差がハチャメチャ、表面がポロポロで、塗っても剥がれてしまう可能がある上塗り。
IMG_1800.JPG
時々、「剥がれても良いから、とりあえず塗ってくれよ。」と

職人のプライドを逆撫(さかな)でする様な事、ペロッと言っちゃう人いますよね。

そんないい加減な事出来ませんから、剥がれ難い下拵えをバッチリ決めて上塗りします。

西陽がガンガン照りつける厳しい条件下で土間のひび割れも無く終了です。

困難が予想されます。 [現場レポート]

IMG_1733.JPGIMG_1790.JPG
連休が明け取手市某所

間口7.2m×奥行き2.6mほどの下屋(今風で言うとストックヤード)の基礎工事に入ります。

そう。

あなたもお気付きの通り、中身の片付けと既存の下屋(げや)を解体しなければなりません。

内の片付けと壁のトタン剥がしは、連休中に家主さんらが終わらせてくれたようです。
IMG_1792.JPG
問題は屋根と骨組みを『我々だけで』やっつけるのか?それとも、、、。

実は、来週アタマにユニットバス工事の下拵えが控えているので、ここは「空き時間を有効活用」する為に強引に着工した現場です。

作業が増え過ぎるのは出来る限り避けたい、、、


火曜日の朝、屋根の上でトタンを剥がしているのが『大工』サンでは無く、『板金屋』サンの姿が。



初日は邪魔なモノだけ撤去して基礎工事に入る予定でしたが、

最終的に「畑違い」の作業をしているW板金が不憫(ふびん)でならないので、3人掛りで全て解体しました。
IMG_1794.JPG
そのお陰で1日遅れて基礎工事がスタート。

しかし、付け足し付け足しで作った下屋の足下は凸凹がいっぱい。

出っ張りを切って、水糸を通し、基礎の『通り』と『高さ』を割り出す作業。
IMG_1797.JPG
切ったり、積んだり、塗り付けたり

新規工事よりも手間をかけて、漸く、基礎らしい形が現れました。

予期せぬ出来事 [現場レポート]

IMG_1734.JPG
先月、和室の通し間を『籐(トウ)』のフローリングにしたS邸。


床は勿論、天井から壁に至るまでバッチリ決まってますね。

第2弾は廊下の床を張り替えます。

IMG_1735.JPG
DIY好きな家族で、我々の作業を見て『スキルを盗み』真似て形にしてしまう末恐ろしい集団です。


玄関のタイルも自ら貼り替えするので、床を張り替える前に『立ち上がりだけ』タイルを剥がしてもらう予定でした。

しかし、あまりにも大変そうに解体していたので無視する事が出来ず。

『タイル剥がし』を終わらせてから床の張り替えに入りました。
IMG_1736.JPG
仕上げ張りでは無かったので、注意するのは階段の出っ張りだけと高を括っていたのですが

下地の垂木が『史上稀に見る適当な間隔』で入っていたのにはビックリ。

下地垂木を割り出すためだけに既存の床に穴を開け、ハンマーで叩いて下地を探しました。
IMG_1737.JPG
予期せぬ出来事に翻弄(ホンロウ)されヒヤヒヤでしたが、内装屋さんのCF(クッションフロア)下拵えにも間に合って連休明けには仕上がる予定です。

住宅密集地 [現場レポート]

IMG_1721.JPGIMG_1722.JPG
22.5m2のスペースにいよいよコンクリートを流し込みます。

住宅が密集している柏市のS邸の工事


トラックを路駐するのも考え込んでしまうような場所でした。

コンクリートミキサー車のスペースを確保しなければならない4日目


偶然にも『口うるさい』と噂の月極め駐車場オーナーと仲良くなり、トラックの駐車スペースを確保出来ました。
IMG_1730.JPG
数日前まで雨マークがチラッと見え隠れしていた水曜日。

『刺すような陽射し』と『生暖かい南風』の恩恵で?コンクリートの施工スピードも早く完成します。

砕石だらけの空き地が、来週から漸く(ようやく)Sさんの役に立つ空間になります。

空き地を有効活用 [現場レポート]

IMG_1169.JPG
打ち合わせから2ヶ月が経過。

宅地を分譲する時に『余ってしまった土地』を駐車場にする作業です。
IMG_1664.JPG
初日は現境界ブロックの一部を取り除くと、

スネ雄、社長、家主Sさんによる三者協議


時間の経過と共に人の記憶は曖昧になります。

変更が無いのか?

忘れている事が無いのか?

お互い勘違いしていないのか?

「そんな事は聞いてねぇーよ。」みたいな事が過去にあったので。

お客さんとの対話後、社長と『仕上がりのイメージ』の共有作業へ。

ここでガツガツいくのか?

コツコツやるのか?

極、極、稀にダラダラやるのか?を見極めます。

IMG_1665.JPG
さて、本格的に工事に入る2日目は、新境界ブロックを並べる作業。

家主さんの要望が『低めの境界』でしたので、

高低差をモルタルで調節しながらのブロック1段積みです。
IMG_1668.JPG
フェンスとブロックの一部を撤去した、現境界ブロックの天端をモルタルでリメイクして2日目は終了します。

出入り口をヌリヌリしました [現場レポート]

IMG_1606.JPG
「ちょっと気乗りしないなぁ。」

玄関から左に曲がって扉を開けて階段を降りるところまでモルタルを塗ります。
IMG_1655.JPGIMG_1657.JPG
初日

台風一過の首筋にチクチク刺さる様な陽射しを受け

厚さ5cm程に調節されたモルタルをL型に流して仕上げました。

急激に暑くなった所為か、午後は頭痛と吐き気と腹痛が交互にやって来て『熱中症??』と思われる身体の苦痛と闘ってました。

ウン◯を我慢し過ぎて、今朝お尻が筋肉痛なのには笑ちゃいました。
IMG_1658.JPG
2日目

夕方の雨を警戒して広げた養生ビニールが威力を発揮。


養生を剥がす時に溢れた雨水によって、土間に水溜りが…多数。

『言い訳』を考える間も無く、お客さんが出掛けている隙に表面を削ってやり直す事にしました。

午前中は『自らの尻拭い』と『階段の下拵え』プラス『誰かやっても変わらないモルタル弄り』に時間を費やし
IMG_1662.JPG
午後からは本題の階段の仕上げ作業に入ります。

塗って塗ってヌリヌリしまくって、どうにか2日間で工事終了です。

「これだけ手間を掛けて工事するなら別な方法があるんじゃないかな?」

ココの会社の現場で毎回そう感じてしまいます。

雑草との闘い [現場レポート]

IMG_1650.JPG
『足長蜂の逆襲』から5日が経過。

一時は左前腕部のみパンパンに腫れ上がり、サイボーグ◯ランキーの様な状態から復活。

むくみも消えて現在は全く問題無し。
IMG_1649.JPG
今日は台風が来る前にM月極駐車場の2回目の除草剤散布を完了させ

更に


先週刈りまくって放ったらかしの雑草を片付ける作業です。

「雑草について1日中考える」

草食系動物だったらとても魅力的な1日になってます。
IMG_1653.JPG
敷地3箇所分の雑草は水分が抜けて乾燥して『軽くなった』とは言え、1.5tトラックで5台はありそう。

全てを雨が降る前に撤去するのは無理と判断

挫折して半分くらいは広げてトラックで踏んで圧縮

敷地に返還する方向で許してもらいました。

それ言われたら…やるしかないか [現場レポート]

IMG_1647.JPG
玄関から左に曲がる廊下を張り替えます。

先週まで『全く予定に無かった』現場でした。

ところが、「娘がお産で帰って来るから7月の中旬までにやってくれない?」と言われ、急遽着工してます。


床がベコベコしたくらいで、100%下に落ちる事が無いのは分かっているんです。

2ヶ月前から着工を待ち侘びている人がいるです。

でも、でも、『妊婦』とか『赤ちゃん』とか『子供』とか

ちびっ子を連想させるフレーズが頭を過ぎると、ドタキャンされても図々しくても、子供には直接関係無かったとしても『無視』が出来なくなってしまいます。
IMG_1648.JPG
納得出来ないもう1人の自分はさて置き、珍しい『横張り』の5m2未満の廊下を張り終えました。

前の10件 | - 現場レポート ブログトップ