So-net無料ブログ作成
検索選択
現場レポート ブログトップ
前の10件 | -

イチ従業員 [現場レポート]

IMG_1004.JPG
木曜日から某会社のゴミ焼却施設に拘束されています。

全長6m?もある煙突を交換すると言う畑違いの作業をする事を当日知りました。
IMG_1010.JPGIMG_1006.JPG
初日は依頼主が失踪して、煙突を解体すればするほど状態は悪く、言われた事にただ反応するだけの謎も多い、モチベーションが下がりまくる作業の連続でした。
IMG_1009.JPG
2日目になって漸く光が見えてきて、修理をスタート出来る状態になってからは役に立つ行動も出来始めました。
IMG_1011.JPGIMG_1013.JPG
それでも、自分達の能力を出し惜しみする様な、時計にばかり意識が行って時間が過ぎるのを待っている、そんな2日間でした。

除草剤散布には打って付けな陽気 [現場レポート]

IMG_0999.JPG
今シーズン初となる、M月極駐車場とオーナー自宅裏庭の除草剤散布の1回目です。
IMG_1001.JPG
通常より濃厚な除草剤入り水溶液20Lを背負って、敷地の隅々まで散布します。

午後の雷雨が心配ですが、初夏の様な気温&強めの南風のお陰で、除草剤の吸収も抜群に早いと思われます。

急激な気温の変化と、ウチの長女1人分の重みを背負いながら2時間ほどプラプラ歩いていた所為か?身体が何となくダルいです。

意地でも今日中にトイレをリフォームする [現場レポート]

IMG_0988.JPG
既存の壁掛けタンク式トイレを撤去してトイレをリフォームします。
IMG_0992.JPG
注目して欲しいのは止水栓の位置

壁掛けタンクだとベストな位置なのですが、タンクと便器の一体式の場合はどうなのか?微妙な位置ですね。
IMG_0993.JPGIMG_0994.JPG
兎に角トイレが1つしかないお宅ですから、何が何でも今日中にトイレが使える様にしなければなりません。

リフォーム会社なら、ここから話しを広げて工事の規模を拡大する要素満載です。

ウチは間逆で、ベコベコした床板も打診検査で下地をチェックして、問題無しと判断を下し速攻で床を二重張りします。
IMG_0995.JPG
と、順調に工事が進んだと思ったら、便器の固定する位置を勘違い。

計算して避けた筈の止水栓が、微妙に当たってタンクの蓋が収まらない。

失敗を悔む間もなく、次の方法を考えてどうにか今日中にトイレのリフォームを終わらす事が出来ました。

急遽予定が変更されます [現場レポート]

IMG_0971.JPG
ペンキの部分塗り替えの件で顔を出した元店舗。

建物の様子を見た時に偶然見つけてしまった、壁が浮き上がって柱の一部が顔を出している壁。

これを見て家主さん、昨夜はネガティヴな事を考えすぎて眠れなかったらしいです。

スネ雄も先日、真夜中に子供が放った首肉(コリエ)シュートを喰らい眠れなくなりました。
IMG_0972.JPG
モルタル下地と柱の外側は腐食していますが、柱の芯は残っているので、雨漏りの原因を突き止め壁を塗り直せば大丈夫です。
IMG_0974.JPG
元々は地震の時にひび割れた所から雨が入ったのが原因。

左側がこの状態、もしかしたら、、、やはり、右側も同じ様な状態だったので塗り直しました。

朝メシ前です [現場レポート]

IMG_0963.JPG
先週末辺りから続く雨の影響をダイレクトに受けております。

幸い大掛かりな外注工事は完了済みなので気は楽です。

久々に天気が続きそうで嬉しいです。
IMG_0964.JPG
さて、今日は何をしてるのか?と言うと、玄関前の壁と床のタイルの隙間に塗ってあるモルタルが割れて浮き上がっているのを補修します。

思わず「自分でやれないの?」と言ってしまいそうな、左官業が身に付いている人間からするとオマケでやる様な作業です。

モルタル弄りの本質を知っていると、工務店に大金を払ってまで直す必要があるのか?って。

「左官屋を5年でバックれたお前が言うな」と、言われそうですね。
IMG_0965.JPG
タイルに影響が出ない様に丁寧にモルタルを剥がして、モルタルをササッと塗りつけて、昼メシ前に終了。

家主さんは外壁を塗装したばかりで、この幅木部分がとても気になっている部分のようで、塗り替えて大変喜んでおりました。

横桟フェンスはもう、やらないって! [現場レポート]

IMG_0940.JPG
フェンスが固まり、裏の庭木を引き抜いて歩道もキレイに水洗いしました。
IMG_0944.JPG
さて、タップり1日掛けて横桟フェンスの加工に取り掛かりましょう。

正面に1つ、両サイド1つづつの計3箇所。

最初は分からない事をだらけで、考え方のぶつかり合いだし、説明書が風で飛ばされただけでも相手の所為だし、フェンスのくせにカーポート一台分よりもネジの種類多過ぎだし、ピリピリイライラしながらやっとの思いで1つ完成。
IMG_0945.JPG
要領が分かってしまえば、残りの2つは意外と簡単に加工出来ましたね。

横桟フェンスで何度も苦い経験をしているので、案の定、部材が足らない事態に陥ってもとりあえず形にはして、我々は今日この現場とお別れします。

ここまでやってあれば、後は請負主さんにバトンタッチです。

再びここに戻って参りました [現場レポート]

IMG_0936.JPG
昨日の夕立ちがあれ程激しく降るとは思ってもみませんでしたが、カーポートより外側のコンクリート部分をビニールで養生しておいて良かったです。

中々、続けては来られない(作戦か?)S邸の外回りのリノベーション工事リスタートです。

ブロックが動かなくなって、手前のサツキを引き抜き、雨でドロドロにされた土を埋め戻します。

奥のツゲ系の木も一緒に引っこ抜きたかったのですが、フェンスが立たないと物騒なのでまだ残して置きます。
IMG_0938.JPG
足下がスッキリした所で複数の細かいモルタル補修作業を進めフェンスの到着を待ちます。

当日になっても、請負主からメーカーも型も色すらも知らされていない横桟フェンス。

取り付け作業が困難なのは必至[がまん顔]

焦らず、無理せず、加工無しで出来る部分だけで今日は止めておきます。

不思議な勾配のコンクリート打ち [現場レポート]

IMG_0921.JPG
前日、塀を解体した時に細かく砕いたブロック片を駐車場の凹んだ部分を埋めるのに活用しました。
IMG_0932.JPG
捨てるモノなら何かの役に立てばと運び入れたのですが、あっと言う間に飲み込まれ、更に粉砕した瓦を1.5tで2台追加して漸く段差が消えました。

それでも砕石だけでは埋め尽くす事が出来ない部分も多く、塗り厚は5〜15cmとバラバラ。
IMG_0933.JPG
計算よりも多めの生コンを発注して打ち込みです。
IMG_0934.JPG
奥が低くて手前が高い、左側と右側の高さが違う為、水の勾配がどうなるのか?

ある意味運任せなコンクリート流しですが、継ぎ足しでコンクリートを流す場合は目を瞑って頂く部分ではありますね。

夕方雨が降らない事を願います。

準備は万端 でも天気が心配な ブロック積み [現場レポート]

IMG_0927.JPG
手前のサツキが気になりますよね?

毎回のように悪条件下でブロック積みを経験しているので、この程度のやり辛さは全く気になりません。

前日にしっかり下準備をしているので作業は順調です。
IMG_0928.JPG
雨は夜からだと信じていたので、寒いけど土を最小限に崩さない面倒な方法で2段目を積む準備もしました。
IMG_0929.JPG
ところが、思った通りと言うか、期待とは反対に、お昼過ぎから雨粒がポツリポツリ。

ブロック塀の2段目を積み一区切りした所で作業は中断。

歩道に残っている土が濡れてしまうのは残念ですが、ブロック天端をビニールで養生して、またまたこの現場を離れる事になります。

無駄を作らず 効率良く 最小限に [現場レポート]

IMG_0916.JPGIMG_0918.JPG
数日前、一時的に土留めブロック塀の解体作業に入りました。

3月中に着工する約束をしているので苦肉の策とも言えます。

地元工務店さんの外注工事ですが、数年前に何度か工事している現場で、家主さんに「スネ雄君、痩せた??」って、声掛けられました。

10年位い前のウインドサーフィンで1つ上のスピードを手に入れる為に、人生で1番ゴッツだった頃の自分を覚えているようでした。

自分を知っている人は「痩せた」のではなく、「元に戻った」と言う表現が1番しっくり来ると思います。

その件は、あまり喋り過ぎると家主さんが混乱するので、適当に当たり障りの無い会話で誤魔化して置きました。

土を崩したくない為にそぉーっと、ブロックだけ取り除き、3つ程の理由があって時間を掛けて細かくブロックを砕きました。

1つは早く終わってしまうと値引きを迫られるので時間稼ぎで、残りは徐々に明らかにして行くので最後までお付き合い願います。
IMG_0926.JPG
そして本日、注文した化粧ブロックが届いたのを確認してから現場に入りました。

午後から土を少しだけエグり取って、ブロックを積む準備作業に入りました。

前の10件 | - 現場レポート ブログトップ