So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

プライドに障ったのか? [現場レポート]

IMG_0348.JPGIMG_0349.JPG
アパートの階段周辺の浮きや割れが入ったモルタルを剥がして直す作業。

某左官店が忙しいから代わりに作業しているんですが、社長が珍しく凄く機嫌が悪いです。

緊急でもなく、とても重要でもなく、誰がやっても同じで、お客さんから直接感謝される事も無いモルタル弄り。

言われてみればやる気が出なくなるのも無理ないか。
IMG_0359.JPG
他に自分達が来るのを待っているお客さんが控えているのに…と、引き受けてしまった自分に後悔しながら作業してました。

まだ2ヶ所補修する部分があるんだけど、アパートの住人が出入り出来なくなるので、後日改めて行かなきゃいけないです。

1年で1番慌しい時期に、こんな仕事は2度と引き受けないと心に誓いました。

実際に下塗りしてみました [現場レポート]

IMG_0333.JPG
窓フレームや天井、床の回り縁をテープで養生

コンセントカバーやカーテンレールなど邪魔な物を外す

まぁここまでは、壁紙の貼り替えの時とする事は大体同じですかね。
IMG_0334.JPG
次に壁紙のめくれている部分をカッターで切り取り、壁紙や石膏ボードの繋ぎ目の割れている部分にメッシュのファイバーテープを貼る

それから10から15cm間隔でタッカーorマックスでひたすら留める。

外壁のラス網を留めてるんじゃ無いかってくらいビニルクロスをバチバチ留めました。

更にその上からシーラーor接着剤をローラーでコロコロ塗って、表面が乾いたのを確認してから下塗りしたのが写真の様な状態。
IMG_0337.JPGIMG_0336.JPG
壁紙の上から塗り替えする為の割れや剥がれ対策に、ここまでやらないと塗れない珪藻土壁って何なのかなって?

和風の壁が少なくてなってしまった現在、建材メーカーも必死なんでしょうね。
IMG_0338.JPG

初、壁紙の上から珪藻土 [現場レポート]

IMG_0326.JPGIMG_0327.JPG
今年最後の挑戦(やり慣れてない事)になります。

クロスを剥がさず上から珪藻土壁を塗ります。
IMG_0329.JPGIMG_0325.JPG
左官屋時代の友人も師匠も聞いた事あるけど絶対手を出さないって言ってたし、ウチの社長も正直乗り気じゃない、左官を経験している人はおそらくお客さんにオススメしてノリノリでやろうとはしない工事じゃないかな?

ネットで建材を売っている所は素人相手だからか?現場を無視した残念な対応するの所が多くて、どこまで彼らの説明を信用して良いのかも疑問です?
IMG_0330.JPG
商売上「自信が無いので出来ません」とは言い辛いのと、初対面なのにお客さんに信用されてしまっているので、不安部分は多々ありますがそれらを振り切って完璧に収めたいと思います。

フォローは万全です [現場レポート]


IMG_0312.JPGIMG_0314.JPG
家主さんの機嫌を損ねてしまいましたが、ここは名誉を挽回すべく、二期工事だった東側のフェンスも続けて取り付けます。

前日にブロックを一段積んで置いたので下準備は万全です。
IMG_0316.JPG
西側より20cm低い同じメーカー同じ形、当然同じ色のフェンス。
IMG_0321.JPG
ボロボロ浮き上がっていた幅木部分は剥がして再度モルタルで塗り直し。
IMG_0319.JPG
西側のフェンスの裏で門柱の隣にあるツゲの刈り込みなど複数の職種を同時にこなし家主さんのご機嫌回復に貢献しました。

目隠しフェンスが旨くハマりました [現場レポート]

IMG_0307.JPG
雪の影響が少なくて助かります。

ブロックで苦労したので面倒で先延ばししていたフェンスの取り付け。

お客さんが不貞腐れてしまったので、慌てて工事に入ります。
IMG_0311.JPGIMG_0308.JPG
外側から覗き難い縦の目隠しフェンスで、ストレート部分がチョビッと曲がって、水道メーター周りが細かくコの字に曲がってと、難所が多い。

いつも取り扱っている縦格子のハイ◯モアに比べたら3倍位い時間と気を使いました。

早すぎる初雪☃️ [日記]

IMG_0302.JPGIMG_0300.JPG
こなに早く雪☃️が降って来るとは。

龍ヶ崎9〜11時頃の外の様子

前日の天気予報で11月は54年ぶりとか、観測史上初とか騒いでいたけど、また話し盛ってるだけかなぁ〜と。

今年もあと1ヶ月ちょっと、明日以降に影響出ない事を祈ります。

雪が降って喜んでいるのは子供らだけ。
IMG_0304.JPG
特に下の子は自宅に居ながら雪を見るのは人生初、雪玉作って興奮気味です。

自治会の物置を組む [現場レポート]

IMG_0284.JPG
地元自治会の物置を組む外注作業です。
IMG_0286.JPGIMG_0287.JPG
最初に建ててあった物置は役員の方々が組み立てたらしいのですが、ご覧の通り足下の高低差を完璧にはカバーしきれず、時が経つと共に建て付けや床がガタガタになって物置は憐れな姿になってしまったそうです。

その憐れな物置は役員の方々が土曜日に大雨の降る中、解体してくれたそうです。
IMG_0290.JPG
いつ降り出すか分からない天気の中、ブロックと砂+セメントの空合わせ材を駆使して土台の高低差をカバー。

雨に打たれても基礎が流されない様に屋根壁を急いで張って、初日は行ける所まで進めたら2台目の土台まで組み上がりました。
IMG_0292.JPG
昨夜の雨や長めにの地震の影響も少なく、少し小ぶりの2台目も完成です。
IMG_0293.JPGIMG_0294.JPG
100人乗っても大丈夫じゃない方の物置ですが、施工が簡単で作りもしっかりしてますね。

フィニッシュはタイル貼り [現場レポート]

IMG_0277.JPG
鋳物浴槽とステンレス浴槽の差額、隙間を同系色タイルで埋めて行きます。

年代物の浴室ですから既存のタイルと貼り替えるタイルが全く同じとは限りません。

そこはタイル補修の時にお客さんに念を押して勘弁してもらっている部分です。
IMG_0279.JPG
タタキ材でタイル下地を作って床用タイルを貼ります。

タイルはブロックとも違って、たった1mm前後のズレで変になってしまうので、タイル貼りはタイル貼りで難しい技術ですね。

下ごしらえ [現場レポート]

IMG_0272.JPG
浴槽を埋め込み、浴槽と壁の隙間を埋めてガッチリ固定します。
IMG_0274.JPG
次に排水溝を埋め込むのに土間コンを掘削します。
IMG_0276.JPG
排水溝とパイプをモルタルで埋めて固定すればタイル下地が完成です。

やはり作業スペースが限られ、細かいモルタル弄りもあって想像以上に時間が掛かりますね。

浴槽の重さと入口の幅の狭間で [現場レポート]

IMG_0266.JPG
鋳物製の浴槽が割れている...初めて見ました。

利根町Y邸の浴槽入れ替え工事です。
IMG_0267.JPG
水栓、シーリング、タイルなど浴槽を外すのに邪魔なもの達は取り除きます。
IMG_0269.JPG
浴槽の幅が浴室と脱衣所の入り口より大きい為、重い鋳物浴槽を横にして運び出すんだけど、それでも幅が広くて浴槽の足を切り落としてやっと運び出しました。

大人2人掛かりでやっと運び出せる重さの浴槽を、あの狭い入口でこねくり回しながら運び出す苦労を分かち合う方法ってあるかな?
IMG_0271.JPG
浴槽さえ出してしまえば勝ったも同然[exclamation]新しい浴槽の足の位置にブロックを据えて準備は完了

1日目のノルマは達成です。

前の10件 | -